FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老舗レストラン トゥールダルジャンのワインオークション

朝、こんなニュースが目に留まりました。
「伝説のカーブ」と言われている老舗レストラン トゥールダルジャンで所有しているワインの一部がオークションで今日と明日売られるという事です。15.000銘柄の異なったワインを所有し、ワインリストブックは8キロ(!)の重さがあるそう。所有している4%が売りに出されるそうですが、15.000銘柄自体は変化しないようで、各銘柄の在庫本数をタイトにするようです。やはりスゴいのは生産者からこの伝説のカーブに運ばれてきて、そのあとずーっとこのカーブで眠り続けてきたワインということ。「箱入り娘」ならず「箱入りワイン(?)」ですよね。(笑)あちこちと旅をしたり、素性の分からない「すれっからし」ワインじゃないというのはスゴいですよね。。。
ソムリエさんのコメントで「どの子供を(売りに)出さなくては行けないのかという事を決めるのは、やはりちょっと心が痛むところです。」そして「ワインがカーブを離れていくというのは、やはりちょっと心が裂かれるような気持ちです。お客様にサービスする時でさえもそんな風に感じますね。」と。本当に大事にされているワイン達なんだということがうかがえますよね。

ソムリエのお仕事をしていた時のことですが、状態に不安がある時などはお客様がホストテイスティングをする前にソムリエが試飲する事などがあります。勿論、お客様のワインですのでほんのちょっとだけの試飲です。でも、とても年数のたった高価なワインだとやはりちょっとの試飲も遠慮してなかなかできなかったりします。そんな時、お客様のなかには「良い勉強になるから飲んでおきなさい。」と最後にボトルに少しだけ残して下さったり、別のグラスについでくれたりして、ソムリエに「勉強する機会」を与えてくれたりする方がいらっしゃいました。有名な生産家のオールドヴィンテージはなかなか会うチャンスが少ないですからね。そういうことがスマートにできるお客様って「格好良いなぁ。」とつくづく思ったものです。

オークションの売り上げはおよそ100万ユーロ(!)程度になるそう。きっと何本かの「可愛い子供達」は日本へ旅をするのではないでしょうか?(笑)

| ワイン | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://bourgognegrignote.blog6.fc2.com/tb.php/297-2558e8a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。